2014年01月13日

CO移植コーディネーター(連続ドラマW)#2006

臓器移植が可能になった近未来が舞台。提供する側、つまり死んでゆく人と受け取る側、生き延びる人の対比がうまく描かれてて、臓器を提供するってことは、どういうことなのか、心理描写がうまいと感じた。脳死で体は動いているのに、本人以外が死ぬタイミングを決める、登場人物の殆どが、直前でいたたまれなくなってしまう。

普段はそういうことを考えないので、ピンと来ない部分も多かったが、中立で一緒に悩むコーディネーターを吉岡秀隆、死神と呼ばれるコーディネーターをユースケ・サンタマリアが、ふた通りやってて、考えるヒントになっている。
posted by 映画のせかいマスター at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック