2007年04月16日

続・社長紳士録 #828

改めて今回気付いたのは、森繁さんと三木のり平の絡み。映画というより、コントに近い。あれ、台本あるんだろうか。シリーズ出演者は誰と誰が絡んでも絶妙の呼吸だ。会話の無駄と言いますか、どうでもいいことを会話の中に絡めながら話す、大人の言葉遊びと言いますか、実に見事です。

今回もロケ。行き先は新潟。でも前回の鹿児島のフランキーさんもちゃんと登場します。新婚家庭の小林桂樹家に絡んじゃう。あとは相変わらず偉大なるマンネリズムなんですけど、先に書いたような楽しみ方ができるようになったんで、飽きずに見れました〜!

と思ったら、社長シリーズもしやラスト?と思わせるエンディング。ついに大社長になった森繁が、今までの出演者を集めてパーティーしてる。次の年もシリーズは続いているけど、一旦区切りってことだったんだろうか。

とりあえず、日本映画チャンネルも社長の海外出張に合わせてしばらくお休みみたいなので、社長シリーズのレビューも一旦終了です。せっかく楽しみ方がわかってきたところだったのにぃ。
posted by 映画のせかいマスター at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック