2005年05月26日

恋は嵐のように #344

1999年 アメリカ 106分 Forces of Nature サンドラ・ブロック

マリッジブルーの貴方、悩む前に観るべし。結婚式にサバナに発った・・はずのベン(ベン・アフレック)の飛行機が離陸寸前にクラッシュ。飛行機ですぐ!の予定は一転陸の旅に。たまたま隣に乗っていた美女サラ(サンドラ・ブロック)を助けたことから、サラが頼み込んだ男の車に乗り込むことに。しかし男はなんと麻薬の売人、いきなり二人は逮捕されてしまう。なんとか釈放されたベンは奔放なサラに魅了されている自分に気付き、別々に汽車に乗ろうと一旦は別れる。ベンはすぐに止まってしまった汽車の屋根に上るサラと再び合流することになるが、嵐に遭い、コインランドリーで財布をすられ、医者に扮して老人たちとのツアーに紛れ込むと一人の老人が心臓発作で倒れるなど、行く先々で散々な目に遭ってしまう。ドキドキを共にした男女は惹かれ合う、という格言通り、二人は接近していくのだが・・・。結婚式当日にサバナに着いたベンの出した答は。。?

ベンは婚約者を愛していて、結婚に迷いはない。直前の親友が開いてくれた凄いパーティーでも、全く動じることがない。(祖父は動じて倒れちゃったけど)飛行機に乗ってもラブラブメールを出してる。そんなベンがついついサラに惹かれてしまうのはやっぱりマリッジブルーなのかなと思ったりする。結末は個人的には納得。

その裏で、こっそり成り行きを見守っていたサラ、自由奔放な性格だけど、旦那に恵まれず、薄幸の感じもするが、これからの人生に幸多かれ!と言ったところだろうか。

恋は嵐のように
posted by 映画のせかいマスター at 05:40| Comment(0) | TrackBack(1) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

恋は嵐のように
Excerpt: 今日観たDVD:    『恋は嵐のように』    原題:FORCES OF NATURE    監督:ブロンウェン・ヒューズ    製作:スーザン・アーノルド       ドナ・アーコフ..
Weblog: タコ太夫の万華鏡
Tracked: 2007-01-27 19:25