2014年03月14日

最高の人生の選び方 #2043

2009年 アメリカ 90分

日本人って、他の国の人とちょっと違うなかなーと、勝手に思っていて、洋画を見る時は、なんとなく別の世界の話を見てるような感覚だったのだが、この映画を見て、日本人もアメリカ人もみんな同じなんだと、改めて思った。

多分主人公のメジャーリーガー(ジャスティン・ティンバーレイク・・ソーシャルネットワークやTIME、人生の特等席・・)が、親近感を持たせるキャラだことが大きいが、みんな同じことで悩んで、同じようにぶつかり合ってるんだな、としみじみ感じた。

この映画のお陰で、これからは洋画を見るときも自分のことのように共感して見れそうだ。

で、それだけで終わるとあれなんで、別れた父親を病気の母親に合わせるために、車で移動する息子とガールフレンドのロードムービー。邦画タイトルは別のシリーズを彷彿させるんでやめてほしいなあ(笑)
posted by 映画のせかいマスター at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック