2007年04月20日

セックスと嘘とビデオテープ #833

スティーヴン・ソダーバーグ監督のデビュー作。これを撮ったのが26才!なにゆえセックスを語れるんだろう、という疑問はおいといて・・・。

セックスレスの夫婦と、妻の妹と不倫する夫、そこへ現れた夫の友人・・。ビデオテープに写るやや暗い映像も怪しげで、スケベ心を刺激しますね。でも実際にはそこに写っているのは男女の機微を描いて、セックスにも正面から切り込んでるし、芸術的でもあります。

インタビューから始まる構成もうまいと思う。ただし、どうもこの手の話、好きじゃないんですよね。ついに恋愛映画を楽しめない年齢になったんだろうか。
posted by 映画のせかいマスター at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック