2014年04月26日

影の交渉人3 ナニワ人情列伝 「法廷への階段」#2070

2010年 日本 

2から(いや正確には1から)引き続いてるシリーズの完結編。ついに黒幕の梅沢富美男が追い詰められる。関係者の息子が起こしてしまった殺人事件を隠蔽したことから、被害者の父親のホームレスに資金援助をしていたが、その息子が更生したいと言い始め、自首することで、過去の悪さが全て表面に出てしまう。

ミナミの帝王と違って交渉人チームはかつての犯罪者ばかり6人いて、プロジェクトを進めるには心強い人数。それぞれキャラが立っているものの、途中でだれだったか忘れてる人もいたw
桂ざこばが昔の同僚として刑事だけど協力する。

123それぞれに敵キャラがいて、3ですべて倒して欲しかったんだけども、それなりに大団円でした。
posted by 映画のせかいマスター at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック