2014年05月13日

新・仁義なき戦い/謀殺 #2079

2003年 日本 

ピラニア軍団でチンピラ役だった小林稔侍が四半世紀の時を超えて親分役で登場!と思ったら速攻で親分を降ろされそうになる。およよ・・と思ったら、なかなかしたたかに跡目争いを利用している。やりますねえ。旧シリーズの金子信雄に負けずとも劣らぬタヌキ組長。

で、跡目の最有力が渡辺謙、経済ヤクザの高橋克典、現代風な部分もあれば昔気質のヤクザもいて、2003年版にふさわしい出来栄えだ。旧シリーズがあれだけヒットしたんで、新シリーズやりにくいんだろうけど、面白かった。最後は前回と同じような感じでドタバタ劇。

できればメンバー固定で仁義なきシリーズを続きモノでみてみたいのは贅沢か?
posted by 映画のせかいマスター at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 仁義なき戦い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック