2007年04月23日

ウエストサイド物語 #835

1961年 アメリカ 157分 アカデミー賞作品賞

さすがミュージカル映画の金字塔と言われるだけのことはあって、お見事なストーリー、音楽、カメラカット、もちろん音楽も。そして場面転換の切り替えが見事だった。歌の切れ目でのつなぎもいいし、踊りの動きで繋がったり、とてもスムーズでおしゃれだった。

シャーク団とジェット団という2極の対決とそこに恋愛を絡めたわかりやすいストーリーもその後の定番としてもう何十年も使われてても飽きないし、なんと言ってもミュージカルシーンのキレイなダンスはいいです。上空から撮ったショットが時々入るんで、2回撮ったんだろうけど、空との対比とか開放感もあってよかった。
posted by 映画のせかいマスター at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック