2014年06月02日

藁の楯 #2092

2013年 日本 125分

BE-BOPのきうちかずひろの小説を三池崇史監督が映画化。10億円の懸賞金がかかった極悪犯人の博多から東京までの輸送を護衛する警察チームの奮闘。

形の上ではロードムービーなんだけど、常に犯人を殺そうとする人物が現れて、緊張感が続くため、新幹線や景色の移り変わりなど楽しむ隙がない。秘密も漏出しているようで、内部の関与も疑われる。5人いたスペシャリスト達も疑心暗鬼の末、一人減り・・。

きうち小説ならではのスピード感が映画でも演出されていてテンポよく面白かった。性根の腐ってる極悪犯人は藤原竜也で、もっと心から殺したくなるような人がいるんじゃないかと思っていたが、意外とはまり役だった。

しかしきうちさん、漫画から映画監督、小説まで多彩ですねえー
posted by 映画のせかいマスター at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | わ行映画(4)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック