2005年05月31日

沈黙の戦艦 #346

1992年 アメリカ 103分

S・セガールの大ヒット作。巨大戦艦がシージャックされ、たまたまコックとして乗り込んでいた元秘密戦闘要員が活躍するという話。ダイハード3とかぶってしまって先に公開されたこっちがヒットしたのでダイハードの方が脚本を変更したという噂の作品。なるほどセガール役をブルースウィルスがやればダイハードだ。敵役のトミーリージョーンズも良い感じで、最後の一騎打ちのやられっぷりはスッキリ感三倍増!である。違う点は主人公の無敵の強さを誇ること。ダイハードのマクレーンがセガール並みに強かったらあれほどのヒットは無かっただろうが、逆にこの映画の主人公が弱かったらこれもまたヒットしなかったかもしれない。

というわけで、セガールの人気とキャラクターを決定付けた一本。冒頭の海を行くスケールの大きい戦艦の姿が最後までインパクトがあってストーリーを引っ張っていってた。

沈黙の戦艦 <WHV101タイトル/期間限定生産>
posted by 映画のせかいマスター at 07:10| Comment(6) | TrackBack(3) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出張お疲れさまでした。
「ダイ・ハード3」の脚本変更の噂は初耳でした。それで、面白さが割り引きされたのかな・・・。
Posted by 十瑠 at 2005年05月31日 08:19
どうも〜!ダイハード3は確かにそれまでの流れと不自然でしたよね。一説にはリーサルウェポンシリーズだったとか?ま、未確認ですけど。では〜!
Posted by 映画のせかいマスター at 2005年05月31日 20:34
特大ケーキから飛び出すミス・ジュライを見たいがために、TV放送のたびにチャンネルを・・・。(笑)
Posted by samurai-kyousuke at 2005年05月31日 21:12
おー、あれよかったですねー。思い切りが良くって。日本人女優も頑張れー(笑)
Posted by 映画のせかいマスター at 2005年06月01日 20:31
私もあのシーンにはびっくりしてしまいました。
って(笑)。

この映画はセガールが無敵キャラであることを知らしめた作品でしたね。シリーズの中ではこのコックさんのものが一番好きです。なぜか沈黙が付かなかった「暴走特急」も好きです。

「ダイハード3」がかぶっていたとは…これはいい余談を読んでしましたよ。

今日の教訓:コックは人間でも料理するのだ。ってちょっと言い回しが怖い。

これはレビューしていたのでトラックバックさせていただきます。
Posted by ぽこ at 2005年06月03日 20:43
お!ここにも(笑)
TBありがとうございました。セガールのシリーズはずっと気になっていましたが、なんとなくこれを見て全容をつかめたような気がします。あとは「暴走特急」ですねー。では〜!
Posted by 映画のせかいマスター at 2005年06月04日 05:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

沈黙の戦艦
Excerpt: (1992/アンドリュー・デイヴィス監督/スティーヴン・セガール、トミー・リー・ジョーンズ、ゲイリー・ビューシイ、エリカ・エレニアック、パトリック・オニール)  前回の「ダイ・ハード」と同じ様なシチ..
Weblog: ::: SCREEN :::
Tracked: 2005-05-31 07:22

沈黙の戦艦
Excerpt: 「沈黙の戦艦」(DVD)★★★ 1992年アメリカ 監督:ア
Weblog: いつか深夜特急に乗って
Tracked: 2005-05-31 19:12

沈黙の戦艦
Excerpt: 貴方の後ろが一番安全なのよ。 日本の真珠湾攻撃以後、あらゆる場所で活躍をしていた米国海軍最強を誇るミズーリ号も、今回の航海を最後にその長い歴史を閉じようとしていました。 サンフランシスコに向かい..
Weblog: 活動映像の街
Tracked: 2005-06-03 20:47