2014年10月15日

釣りバカ日誌2 #2148

1989年 日本 96分

転勤はなかったことになって始まる続編。むりくり続くよりましか。今回はマドンナに原田美枝子を迎えて、スーさんの恋バナっぽい部分もありつつ、ごまかすためにハマちゃんを使ったことで、ハマちゃんのピンチを救わざるをえないことに。ハマちゃんとスーさんの漫才みたいなやりとりは、今回から絶好調。スーさんも釣りにハマりまくって、仕事よりも釣りを選びそうになるくらい。社長室の壁は「魚」とか書いてあったりして(笑)

谷啓は出世できずに落ち込み、ハマちゃんは首になりそうなところを嘆願書で復活し、スーさんは継承者選びに苦労する。会社ネタも満載な中、バランスよく釣りネタが絡んでくるんで、面白い。マドンナはライバル会社の秘書だったりして。初期の頃はいいですね。
posted by 映画のせかいマスター at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック