2014年10月17日

三浦大輔×峯田和伸×池松壮亮「母に欲す」#2149

2014年

東京で仕事がうまくいかない兄と、地元でそこそこ頑張っている弟、兄は母に苦労はかけてる。弟は良くしてるけど時に母を疎んじたりしてしまってる。仕事の電話を避けて携帯も取らない兄は友人からの留守電で母の死を知る。葬式にも出なかった兄を弟は罵り喧嘩になる。

そして49日が過ぎ、父が水商売の女を家に連れてくる。辛く当たったりもするが、女性として意識し始める兄弟。片岡礼子さんが、いい感じのエロそうなそして純粋そうな女を演じている。

母を亡くし残された男三人が一つ屋根の中で繰り広げる話。死=存在が消えてから初めて母の存在の大きさを知る家族たち。よくありそうな話の中にいろんなドラマが見え隠れしてて、引きこまれてみてしまった。
posted by 映画のせかいマスター at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック