2014年10月28日

社長外遊記 #2154

1963年 日本 98分 社長シリーズ

久々の社長シリーズ。続編が放送されないのは残念だけど、相変わらずの安定したマンネリ感が素晴らしかった。今まであまり意識しなかったけど、森繁さんは結構な大会社の社長である。そんじょそこらの一般人では味わえない世界に生きている。今回は娘が5人いて、それぞれにテレビ買ってとか車買ってとか、挙句に土地買ってとか言われてる。高度成長期の中で、もしかしたら自分も社長になっちゃえるかも??っていう期待の星だったのかもしれない。

で、それにしてはやっぱりボケている。どこかで必ずうまく行かずに今回もまた新珠三千代を口説けずに終わった。うまいのは演芸だけで、三木のり平もピカ一(笑)大喝采をあびて契約をうまく進めるのである。

さて63年とは海外に行くのがまだまだ一般的ではない時代だったとは思われるが、一大ハワイロケを敢行!ハワイの日本人バーがあるんで、日本人もそれなりに多かったようで、今とそんなに変わらないような気もしなくもない。またやらないかな。
posted by 映画のせかいマスター at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック