2014年12月09日

坂道の家(松本清張ドラマ2014)#2168

2014年 テレビ朝日系

2夜連続松本清張その1は坂道の家。今までと違うのはヒロインが尾野真千子でどっちかというとか弱い感じはなく、悪女ぶりを強調したところ。多分米倉涼子に続く清張女優を確立させようとしてるな!
オープニングからヒロインの幼少の頃の映像が出てきて、なんと母親を殺してしまう。その相棒の幼なじみが大人になって再会し、坂道の家の旦那と三角関係になってしまう。

とは言え、基本路線としての個人商店のおいちゃん(今回は柄本明)が、若い女に金をつぎ込んで、思いのままにするが、そこから抜け出すために、という点は今までをしっかり踏襲しているし、「事件」が起きてからの展開の早さは見事としか言いようがない。

結末も知ってるのに面白く見れた。
posted by 映画のせかいマスター at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック