2014年12月10日

釣りバカ日誌スペシャル #2170

1994年 日本 106分

今までの6作が男はつらいよとの併映で、今回1作のみの上映になったんで続き番号じゃなくて「スペシャル」の表記、わかりにくいから番号にして欲しかったけど(笑)

谷啓課長の娘富田靖子が、通勤電車でスーさんの仲良しの社長の息子加勢大周に気に入られて、お見合いをする。でも娘には幼なじみの大森嘉之がいて・・・。若者の恋バナをメインに、ハマちゃんの出張中に酔ったスーさんが飲んだ帰りに家に寄って眠ってしまい、それを見ていた近所の田中邦衛と清川虹子(これが笑える強烈キャラ!)夫妻に誤解を招き、みちこさんが実家の出雲大社に帰ってしまう。っていうエピソードをいいテンポでトントンと進んでいく。もちろん山陰の海釣りも忘れずに(笑)

この辺り、シリーズで勢いを増してきた感じがする。三國連太郎のコメディとしての役者の素晴らしさが垣間見れて、やっぱりこの人すごい人だったと感じずに入られない。大物はなんでもできますねえ
posted by 映画のせかいマスター at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック