2014年12月11日

霧の旗(松本清張ドラマ2014)#2172

2014年 テレビ朝日

2夜連続悪女シリーズ第2弾。おなじみの霧の旗。何度も見たけど、今度のほど弁護士役(椎名桔平)が気の毒に思えた。逆恨みってコワイ〜。その分しっかりと悪女堀北真希の心情を掘り下げてる。まずは身内の冤罪だけど、今回は障害者の弟が巻き込まれる。殺された相手も自宅に男を連れ込むところを弟が見たという設定で、今までほとんど兄弟は出てこなかったけど、ここを抑えることで堀北真希の復讐心が生きてくる。

弁護士は離婚間近の妻がいて、レストランのオーナー木村佳乃と不倫している。オーナーもまた従業員と付き合ってて、ここがもつれて第二の事件が起きる。前夜の坂道の家と同じく、最後に悪女が弁護士に抱かれて訴えるところのスピード感は凄い。

何度も映像化されるのはだんだんと完成度も増さないといけないので大変だろうが、その分期待してしまいますね。2014年はこれで最後かな?多分ドラマの清張シリーズは全部見たと思う!
posted by 映画のせかいマスター at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック