2014年12月16日

釣りバカ日誌9 #2176

1997年 日本 115分

ハマちゃんの本当の才能がここに来て明らかに

いつもサボってばかりのハマちゃんだったが、営業3課として取引先の社長と釣りの話でタメ口で大盛り上がり。実は本人も気づいてない優秀な営業マンだったことが判明。そしてそのことに気づいたのは今回のゲスト、ハマちゃんの同期入社で営業部長に出世している小林稔侍だった。

一説にはみちこさんを取り合った仲だとか^^みちこさんとの出会い話はいろんなネタがあるけど、今回出てきたプロポーズ話は何度か登場した話だ。

で、小林稔侍。ひきこもりの高校生の息子を持つ男やもめ、行きつけのバーのママ風吹ジュンに思いを寄せるが、なかなか口にだすことができない。仕事は優秀で、ハマちゃんのサポートもあり、早速大きな受注を取るのだが、肝心のママは故郷の鹿児島に帰ることになり、引き止めることができない。

最後は会社を辞めて鹿児島に移住しようとするのだが・・・。

ちょっといい年齢の俳優さんたちの恋バナが毎回楽しみ
posted by 映画のせかいマスター at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック