2015年02月16日

贖罪の奏鳴曲(連続ドラマW) #2206

2015年 全4回 wowow ドラマW

どんな状況からも逆転してみせる敏腕弁護士・三上博史。彼には少年時代に犯した過去があった。その過去を知っている刑事リリー・フランキーは、現在行われている裁判の中、ゴシップ記者の死を、彼の関与があるのではないかと疑う。そしてその裁判も、療養中の父親の人工呼吸器のスイッチを母親が消してしまい、母親が容疑者となるものであった。

一進一退の裁判が続き、最終話は激動の連続。あの人がこうなって、この人がああなって・・。リリー・フランキーがいい感じでドラマを盛り上げていたんだけども、主人公が真の悪人ではない以上、主人公を追い詰める役というのは成立しないと思っていたのだが、やっぱり最終回で重要な役割になったわけだね。

とよた真帆、染谷将太ら共演。


posted by 映画のせかいマスター at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック