2015年02月23日

もしも昨日が選べたら #2211

2006年 アメリカ 107分

アダム・サンドラー主演のコメディ。人生をテレビのVTRみたいに早送りできたり巻き戻せたりできるリモコンを手に入れた男の物語。

前半はもちろん良いことづくめで、めんどくさい出来事は早送りして、それが終わった時点にワープ。昔の出来事を思い出す際には巻き戻って確認。タイムトラベルと微妙に違うんだけど、なかなか便利な機能だ。
ところが、早送りしている間ってのは、自動操縦って言葉が使われてたけど、ボオーっとナニを考えてるかわかんないように過ごすってことになってるようで、出世するところまで早送りだ!って早送りしたら、いつの間にか1年経ってて、その間のことはまったく記憶が無いってことに。もちろん知らぬ間に不幸な出来事が次々起きてる。出世だけはとりあえずしてるけど・・。

新しいタイムトラベルねたなんだけど、まあそこそこ面白かったかなw
posted by 映画のせかいマスター at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック