2015年03月19日

横道世之介 #2225

2013年 日本 160分

主人公横道世之介が、法大に入り、サンバ部やホテルのバイトしながら、いろんな人と出会い、成長していく物語。現在と過去がシンクロしながら進むんだけど、その急展開にびっくりさせられる。この手法うまい!原作はどうなってるんだろう?あ、吉田修一作です。

最初に入学式で出会った池松壮亮は、世之介といい感じになりそうだった朝倉あきと出来婚して大学をやめる。その10数年後は・・・。人間違いで仲良くなった綾野剛は、実は・・・で、逢瀬の際ふと世之介を思い出す。ダブルデートで出会ってその後付き合った吉高由里子は、10数年後、娘とランチしながら思い出す。

その他、目覚ましだけが鳴る隣の住人とか、その隣の女性とか、サブキャラも充実。なんてことない大学生活からのスナップではあるけど、どこか見てて楽しいんだよね。すごいな。高良健吾の俳優としての実力をいかんなく発揮した感じ。

posted by 映画のせかいマスター at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | や行映画(9)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック