2015年04月30日

失踪(陰の季節シリーズ4横山秀夫ドラマ2002)#2250

2002年 TBS

上川隆也の二渡刑事の陰の季節シリーズ4作目。今回は定年を数日後に控えた看守が失踪する。時を同じくして刑務所内で自殺未遂が起き、失踪の原因との関係を調査することになる二渡。

1年前の殺人事件が立件できず保釈された男の事件を思い出す。看守の平田満は、自分が担当した容疑者が通常殺人を起こした人間はギラギラして入ってきてだんだんおとなしくなっていくのに対し、容疑者がだんだんギラギラしてきたのが気になっていた。その事件を単独で追うために定年を控えて失踪したわけ。退職した伊東四朗は相談されて、看守の妻が落ち着き払っていることに目をつけ、だんだんと明らかになっていく。

今回は定年か懲戒免職かでカウントダウン。警察の内部広報に退職の挨拶の原稿を取らねばならない婦人警官も華を添える
posted by 映画のせかいマスター at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック