2015年05月14日

スティーブ・ジョブズ #2259

2013年 アメリカ 122分

2011年に56歳で亡くなったアップルのジョブスの映画が早くも登場。ジョブスを始め、創始者メンバーがみんなそっくりで笑った。そもそもこの人、人間味がなくてあまり好きじゃないんだけど、映画でもメンバーの首を切ったり、目的のためには手段を選ばない感じだ。最初はやっつけ仕事でPCの部品だけ納入しようとしてたり、よくあの状態から世界のアップルになったと思う。でも当時はみんなそんな感じだったんだろう。その中でジョブスの行動力決断力はやはり目をみはるものがあったということ。IT業界のスターははやいうちにみんな映画にしてしまわないとすぐに賞味期限がきそうだ。
posted by 映画のせかいマスター at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック