2015年06月12日

山椒魚(松本清張ドラマ2015)#2280

2015年 BSジャパン

山椒魚を縁があるものと見せてお金を稼ぐ男(ラサール石井)は、木賃宿を倍額払って独占していた。手下をこき使い、同じ部屋に泊まっている夫婦の女宮地真緒に色目を使い、やりたい放題だった。木賃宿の人々は彼に怒りを溜め込む。

ある日、女を金で自分のものにしてしまおうという計画を実行する。手下は女には惚れ薬、男には増強剤みたいなのを飲ませるが、これがしびれ薬で、意識はあるものの手足は動けない状態になってしまう。男の見ている前で手下は、山椒魚を料理し部屋の皆に振るまい、女を抱くのであった。

今回は単純明快な勧善懲悪ストーリーで、面白かった。当時そんなんしびれ薬が合ったのかどうかわからないが、山椒魚って美味しいのだろうか?(笑)
posted by 映画のせかいマスター at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック