2007年05月21日

赤頭巾ちゃん気をつけて #858

1970年 日本 90分

庄司薫の芥川賞受賞作の映画化。ヌーヴェルバーグ風っていうんで期待したけど、私的にはハズレ映画の範疇でした。が、しかし。それで済ますには勿体無いいろんな要素はありました。

それはたった1日の出来事の中に1970年という世相をこれでもかとばかり映してるところです。東京のネオンを片っ端から読む彼女。永大って会社だけしらない。あとは今でも一流会社。唐突に歌いだす「恋の季節」や「ブルーライトヨコハマ」。そしてオープニングの東大安田講堂の最後の攻防戦。

東大を目指していた日比谷高校の3年生、「庄司薫」は、この作品で一躍有名人になっちゃいました。でも中身はフツウの高校生。みだらな想像もすれば、ガールフレンドの付き合い方にも困ってる。

主演の岡田さんの台詞が棒読みっぽいのはデビュー作ってことで大目に見ないといけません。なんてったって現在の東映の社長ですから〜!そして庄司薫さんもピアニストの中村紘子さんの旦那さんに落ち着きましたとさ。めでたしめでたし??
posted by 映画のせかいマスター at 06:35| Comment(3) | TrackBack(1) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
庄司薫が芥川賞を受賞した時の文藝春秋で読んで以来、当時まだ中学生だった私は彼の文体の大ファンになり、同人「薫」というサークルまで作ったほどです。もちろんこの映画もリアルタイムで見ました。

岡田裕介さんとは仕事で会ったことがありますが、この映画のことを話すと照れくさそうでした。夢千代日記ではいくらかましになりましたが、役者に見切りをつけたのは正解だと思います。
Posted by まいじょ at 2007年05月21日 20:06
そうなんですか!すごい!田舎モノの私には夢のような話ですねー。岡田社長は昔の面影も少ないでしょうから(失礼)いいですけど、庄司薫さんはもう小説は書かないんでしょうかねえ。惜しいです。
Posted by 映画のせかいマスター at 2007年05月22日 08:28
こんばんは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Posted by 藍色 at 2010年02月14日 02:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

赤頭巾ちゃん気をつけて 庄司薫
Excerpt: 東大入試を中止に追込んだ既成秩序の崩壊と大衆社会化の中で、 さまよう若者を爽やかに描き、その文体とともに 青春文学の新しい原点となっ...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2010-02-14 01:36