2007年05月22日

エロスは甘き香り #859

1973年 日本 73分

桃井かおりのデビュー当時の日活ロマンポルノ作品。うちに帰ってきたら犬小屋に知らない男がいて、部屋に入れて誰だったか覚えていないんだけど、そういう関係になってしまう。果たしてそれでいいのか、という疑問はこの映画の中では成立しません。なーんとなくけだるい雰囲気の中、進んでいくストーリーはあり得ない話のような、身近な話のような・・・。パチンコやカードギャンブル、怪しげだけどなんか懐かしい70年代。現代のように、ITで一発当てて大逆転!とか無縁で、何かやってもお釈迦様の手の中、っていう限られた可能性を足掻く若者像を感じました。こういうところからじゃないと、何かを生み出すってことはできないのではないだろうか?現代の若者はもっと産みの苦しみを味わった方がいいのかな。公開当時●歳だった今もまだ若者(のつもり)が言うのもあれですが・・。

建前上、下ネタ最小限になってるんで、ここから先は18歳以上限定(笑)女子禁制。桃井かおりさん、カワイイ!そして巨乳!オールヌードでモザイク入りのお姿が見れるなんて・・。このモザイクも本当に隠さなければいけないからモザイクなのか、なんとなくモザイクだと猥雑っぽいからモザイクなのか、妙にでかい雲のようなモザイク。当時はこれが標準だったんですねえ。

posted by 映画のせかいマスター at 08:37| Comment(1) | TrackBack(1) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天気 グラバカ 摘されている 政治 リボンは取り外し可能です スイレン こぼれ話 期間限定 議席増を狙う 定数
Posted by この判断により at 2007年05月22日 21:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画評「エロスは甘き香り」
Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 1972年日本映画 監督・藤田敏八 ネタバレあり
Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
Tracked: 2007-05-22 15:39