2015年09月15日

石の繭(連続ドラマW2015)#2320

2015年 全5話

警察小説の名手、麻見和史の原作。刑事だった亡き父の跡をつぎ刑事になった木村文乃の成長ストーリーなのであるが、跡継ぎというのが事件のポイントになっている。お嬢ちゃん刑事が犯人に目をかけられてか、電話の対応をするようになり、最初はミスばっかりだったのが、だんだんと活躍するに連れて周りの刑事たちの見る目も変わってくる。それも犯人の描いたシナリオだった・・。

猟奇殺人から始まり、およそ猟奇的なことと関係無さそうな無垢な女性刑事の追跡、過去の事件との関連が明らかになるに連れ、意外な犯人像が浮かび上がる・・。

推理ミステリーとしても楽しめたが、やっぱりこういう役に木村文乃さんはバッチリ似合いますなー
posted by 映画のせかいマスター at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック