2015年11月18日

天河伝説殺人事件 #2352

1991年 日本 109分 市川崑監督

昭和の古き良き時代を彷彿させる映画。横溝正史の映画シリーズと同じ市川崑監督とそのファミリーとも言える俳優さんたちが大挙出演し、あらたなるシリーズ化を期待されたが・・。
エンドロール前に浅見光彦第一の事件と出てくるんで、当然第2弾第3弾を考えていたのだろうが、あえなくこれ一発でジエンド。内田康夫小説、特に浅見光彦シリーズはその後何度もテレビではドラマ化されているのでネタは悪くないのだろうが、昭和から平成へ時代の変遷に合わなかったのだろうか??残念!

それでも加藤武のピント外れ刑事や、能を舞台にした芸能一家など見どころは十分。市川映画ファンにはたまらないんだけど、結局は横溝二番煎じだったのだろうか?若き日の榎木孝明、財前直見が主演
posted by 映画のせかいマスター at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック