2015年11月26日

デビルズ・ノット #2358

2014年 アメリカ 114分

実際にあった事件をモチーフにした映画。先に世界なんとかというテレビ番組でこの映画とあと何本か実際の事件の映画を特集されていたのを見て、いつか見ようとチェックしていた映画。

子ども3人が殺されて、容疑者として浮かび上がった学生たち。オカルトとヘビメタが好きといういかにも犯人っぽい学生が、逮捕後も自白を強要されて長い期間勾留されるのだが、実は真犯人は・・という話。がTVでは踏み込まれていたけど、映画では謎のまま終わる。ただ少年たちの無念さのみ残して
事実は小説よりも奇なりというが、いかにも小説っぽい事件。登場人物のキャラも立ってるし。

他にもパラダイス・ロストなどの映画がある
posted by 映画のせかいマスター at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック