2016年06月22日

天空の蜂 #2372

2015年 日本 139分 東野圭吾

現在のスター俳優が次々出てきて、各段階でヤマ場が用意されていて、ずっと目を離せない展開だった。江口洋介の息子救出でひと山、綾野剛の逮捕劇でひと山、本木雅弘の○○でひと山、十分に練られたストーリー、これ考えるのさすがだなー。

最新型の無人ヘリが原発の上から落下するというテロ、犯人の正義感や暗に原発反対なのが気にならなくもないが、それ以外は現代サスペンスの最高峰!ッて感じの映画でした!
posted by 映画のせかいマスター at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック