2016年10月20日

荒鷲の要塞 #2407

1968年 イギリス・アメリカ 155分 クリント・イーストウッド
 
 ドイツ軍の捕虜となったアメリカ軍将軍が、鷲しか入れないと言われる山の上の城に監禁される。今回イーストウッドはリチャード・バートンのサブ的な存在で、美女含む美味しいところはバートンが持ってく。
山の上の城なので、ロープウェイのアクションが目を引く。下りを爆破して、上りと交錯する際にジャンプして乗り移ったり、城の窓からロープで侵入したり、設定をうまく活かしている。

 バートンとイーストウッドは淡々と爆弾仕掛けたり、次々にアクションをこなしていく。程よいテンポで当時にしては爆破とかアクションシーンも多彩で楽しめた
posted by 映画のせかいマスター at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック