2016年10月28日

マンハッタン無宿 #2410

1968年 アメリカ 93分 クリント・イーストウッド

ダーティーハリーのドン・シーゲルとイーストウッドの最初の作品。マカロニ・ウエスタンから都会へ出ていくイーストウッドの姿が実際とダブり、西部劇が廃れていくのを見越して現代劇に活躍の場所を移したとも言える(らしい)。

マンハッタンの怪しげな雰囲気がまるで異星みたいに感じられて笑えるシーンもあるけど、その後のイーストウッドを考えるにはちょうどいい分岐点みたいな映画
posted by 映画のせかいマスター at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック