2016年12月02日

トゥルー・ロマンス #2428

1993年 アメリカ 121分 クエンティン・タランティーノ

 クエンティン・タランティーノ脚本、トニー・スコット監督の映画。これもまたパワーあって迫力にビビってる間に終わった。そもそもなんでこういう映画作ろうと思うんだろう??っていうか、なんで私もこういうの見ようと思ったんだろう??コールガールを愛してしまった男が、女のヒモから奪うために単身乗り込んでいき、皆殺しにしてしまう。女の服を取り返すつもりがカバンに入っていたのは大量の薬物。それを売り飛ばして女t逃げようとしたもんだから組織を敵に回してしまい、間に入った父親は殺されるし、売ろうとした相手との取引を狙われることになる。結局バンバンやりあって人が死んで・・っていう話、何が伝えたくてこの映画になったのか、なんだかやっぱりすごすぎて凡人の私にはついていけてない。タランティーノすげーなやっぱり
posted by 映画のせかいマスター at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック