2017年01月25日

グラスホッパー #2458

2015年 日本 119分 伊坂幸太郎

伊坂作品は最近のはちゃんと読まないとなんだかわからないことになってて、あまり読んでないんだけど、一昔前のは読んだ。この作品も未読で、殺し屋が出てくるので死神シリーズと勘違いしてた程度。
元教師の鈴木(生田斗真)が妻波留を事故で殺した相手に復讐しようと裏企業に就職する。そこで菜々緒など怪しい人達に出会いながら、殺し屋蝉(吉岡秀隆)の家に乗り込む。怪しい企業に翻弄されていると思いきや、実は裏でもう一チーム操っている人たちがいて・・・。

二転三転して面白いけど、やや人間模様が複雑かな。浅野忠信と山田涼介の三つ巴より生田斗真一本で見たい気もしたが。
posted by 映画のせかいマスター at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック