2005年06月20日

クレイジーの怪盗ジバコ #366

1967年 日本 111分

世界をまたにかける怪盗ジバコ(植木等)、追いかける刑事の谷啓とハナ肇。こうした設定の方が話が作りやすそうなんだけど、これまでのクレイジー映画の主人公は普通(ではないか)のサラリーマン、異色作である。原作は北杜夫のベストセラー小説「怪盗ジバコ」。北杜夫と植木等がどうもつながらないんで、映画と小説別の楽しみ方ができそうだ。どっちも楽しそう。

ジバコを逃がして警察をクビになってしまう谷啓が首吊り自殺を図るところはシリーズでよく出てくるお笑い?シーン。犬塚弘に変装したら本物が出てきて鏡のふりをするギャグはその先何年も使われてる定番。

しかしもう40年近く前の作品なのにクレイジーシリーズって全く古い感じがしない。私の小さい頃のアルバム見ても全部白黒だし、すごい大昔みたいな感じなのに、映画の中では建物も小道具も全く見劣りしない。この作品もベタっぽくはあるが、面白かった。

LinkShare アフィリエイト
posted by 映画のせかいマスター at 06:36| Comment(4) | TrackBack(1) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子供の頃の映画といえば、東宝の“怪獣物”か「若大将」か“クレージー”でした。
“クレージー”では「日本一の男の中の男」とか、この「怪盗ジバゴ」が面白かったという記憶があります。
たしか変装の名人で、捕まえた警察官が、ジバコのお面を剥いでも剥いでも、次から次と別の顔が出てくるというシーンを思い出しますね。
Posted by 十瑠 at 2005年06月20日 07:07
十瑠さん、コメントありがとうございました。
リアルタイムで見られていたんですね。捕まえた警察官に変装して脱走するんですけど、谷啓が一番変装しやすい、とか言ってすぐに谷啓になっちゃうんですよねー。見破られてたまたまベロベロバーしたら、それが本人の合図だったんで助かったり、とか。ベタですけど、面白かったです。ではでは〜!
Posted by 映画のせかいマスター at 2005年06月20日 07:28
はじめまして、私、岡山県倉敷市にございます倉敷東映という映画館の者です

今後の上映についてご案内申し上げます。

7/ 1〜7/10 「幸福の黄色いハンカチ」(1977年作) 「馬鹿まるだし」(1964年作) 2本立

7/11〜7/20 「男はつらいよ」(1969年作) 「下町の太陽」(1963年作) 2本立

7/21〜7/30 「続男はつらいよ」(1969年作) 「家族」(1970年作) 2本立

7/31〜8/ 9 「戦国自衛隊」(1979年作)

8/10〜8/20 「ゴ ジ ラ」(1954年作) 「空の大怪獣ラドン」(1956年作) 2本立

8/21〜8/30 「大怪獣ガメラ」(1965年作) 「地球防衛軍」(1957年作) 2本立

9/ 1〜9/10 「三大怪獣 地球最大の決戦」(1964年作) 「海底軍艦」(1963年作) 2本立

9/11〜9/20 「宇宙戦艦ヤマト」(1977年作) 「さらば宇宙戦艦ヤマト-愛の戦士たち-」(1978年作) 2本立

この機会に、是非大スクリーンでご鑑賞ください。

詳しくは、当サイトをご覧下さい。
Posted by 倉敷東映 at 2005年06月27日 11:09
はじめまして、私、岡山県倉敷市にございます倉敷東映という映画館の者です

今後の上映についてご案内申し上げます。

7/ 1〜7/10 「幸福の黄色いハンカチ」(1977年作) 「馬鹿まるだし」(1964年作) 2本立

7/11〜7/20 「男はつらいよ」(1969年作) 「下町の太陽」(1963年作) 2本立

7/21〜7/30 「続男はつらいよ」(1969年作) 「家族」(1970年作) 2本立

7/31〜8/ 9 「戦国自衛隊」(1979年作)

8/10〜8/20 「ゴ ジ ラ」(1954年作) 「空の大怪獣ラドン」(1956年作) 2本立

8/21〜8/30 「大怪獣ガメラ」(1965年作) 「地球防衛軍」(1957年作) 2本立

9/ 1〜9/10 「三大怪獣 地球最大の決戦」(1964年作) 「海底軍艦」(1963年作) 2本立

9/11〜9/20 「宇宙戦艦ヤマト」(1977年作) 「さらば宇宙戦艦ヤマト-愛の戦士たち-」(1978年作) 2本立

この機会に、是非大スクリーンでご鑑賞ください。

詳しくは、当サイトをご覧下さい。
Posted by 倉敷東映 at 2005年06月27日 11:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

メンバー特出し、貴重な一本
Excerpt: クレージーの怪盗ジバコ 坪島孝 ★★★☆☆ 植木等がほぼ全面的に出まくってその豪快無比な無責任キャラで押しまくるクレージー映画にあってこの映画、いつも存在が薄めなクレージーのメンバーが比較的多..
Weblog: 微動電信
Tracked: 2005-07-17 01:02