2017年03月06日

お母さん娘をやめてもいいですか(NHKドラマ2017)#2475

2017年 全8回

斉藤由貴の娘離れができない母親役が話題になった。ホラーの対象って最初は謎の殺人鬼が閉鎖されたコミュニティを襲うってとこから始まって、最近のは隣人が怖いとか、ついには家族が怖いみたいなところになってきた。
このドラマではホラー一歩手前と言うか、完全にいってしまってたわけではなかったんだけど、それでも最初はインパクトあったし怖かったー。今後こういうの増えるかも。エポックメイキング的なドラマになる可能性はありますね。井上由美子さすが。

お父さん役の寺脇康文が仕事も大変ながらもそれまで向き合えなかった家族に向き合おうとするのだが、相手も大人だし今更大変みたいな部分が同性ということもあって共感できた。恋人役の柳楽優弥も普通でよかった。母と子を二股かけるかと思ったw
波瑠ちゃん輝いてるね
posted by 映画のせかいマスター at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック