2017年03月11日

黒革の手帖(松本清張ドラマ2004)#2478

2004年 テレビ朝日系 全7話

のちにシリーズになる米倉涼子×松本清張の連続ドラマ。のちのシリーズを見てからだと、米倉涼子も若くてどっちかというとカワイイ感じで、もちょっと社会の闇みたいのが表現されたらな、と思ってしまうのは贅沢かな?「けものみち」の演出や画面の暗さはピッタリあっていたので・・。

でも、銀座No1のママとしてのし上がっていく姿は圧巻。銀行員で不正して、銀行の秘密を黒革の手帖に書き留めて、大金を手にしていき、他人を蹴落としていく。しかし蹴落とされた人々の復讐劇もまた始まり・・。

ラストに向けてのし上がって、落とされるところで終わるかと思いきや、落とされたまたさらに逆転していくのだが、結末は・・??
posted by 映画のせかいマスター at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック