2017年09月25日

男女七人秋物語(連続ドラマ1987) #2509

1987年 TBS 全11回

夏物語が好評で作られた続編。3人以外はメンバーが一新した。が、ほとんど覚えていなかった。奥田瑛二の代わりに山下真司、結構うざい空回りのスポーツマンで、最後は岡安久美子とくっつく。池上季実子枠は手塚理美、意外というか、本人のキャラとイメージ違って悪女の役。男衆みんなを誘惑してる。さんまの相手役は岩崎宏美。実力派シンガーの珍しい女優シーン。

で6人なんだけど、渡米していた大竹しのぶが夢半ばに柳葉敏郎を連れて帰ってくる。鶴太郎の恋人役として麻生祐未も入れて9人が入り乱れる感じ。1話の冒頭のシーンが夏物語と重ねているそうだ。

木更津の出勤の船のシーンが印象的で、男女七人と言えば船のシーンっていう友だちが多かった。夏物語の名所を訪れるとこでランドリーでヤクザ風だった人が営業マンになってて笑った。秋物語ではレンタルビデオ(今ではすっかり時代を感じさせるお店!)で、偶然2人が出会って、何のビデオ借りるのか言い争ってた。

お互い、今の恋人と別れてくっつくので、途中から結構切ないシーンが多かった。悪女のはずの手塚理美も実は、かわいそうな部分もたくさんあって・・。

いやー青春だったなーこのドラマ!
posted by 映画のせかいマスター at 12:22| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: