2007年06月21日

30デイズ 第1シリーズ第3話 #889

キリスト教徒がイスラム教で30日間って、旬な話題過ぎてかえって心配。でも今までで一番きれいな終わり方でした。確かに9.11以来イスラム教に対し過剰な恐怖感がありますね。フライトプラン #777にもアラブ人が犯人と間違えられていい迷惑っていう部分もあった。アメリカに住んでいるイスラム教徒は大変だろうなあ。しかも本編とは関係ないけど、9.11テロは捏造説まであるし・・。今一番アメリカで不遇な扱いであろうイスラム教、実際には淡々と暮らしてるようにも見えたけど、30日間一緒に暮らして思うところはたくさんあったんだろうなあ。はあ、それにしても早く戦争がなくなりますように。
posted by 映画のせかいマスター at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | モーガン・スパーロック監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック