2018年01月06日

魔女の宅急便 #2531

1989年 日本 102分

今年は日本のアニメを見る!って思ってたらちょうど地上波でやってた。実はジブリ殆ど見ていない。で、この映画だけど、もう30年前の作品だったとは!やさしさに包まれたならがオープニングと思ってたら最初のはルージュの伝言だった。しかも主人公がラジオ付けたら流れてくるっていう洒落た演出。

13歳で独り立ちした魔女が主人公なんで、主人公が魅力的じゃないといけないんだけど、その点少女が主人公だと感情移入できる年代が幅広くてよい。起承転結の転がおこるのが物語後半なんだけど、うまく繋いでいける。そして前半にチョロっと出てきていた飛行船が強風で煽られる時、魔女の魔法は使えなくなっていて、ずっと仲良くなれなかった少年を助けるために・・・

っていうラストもよかった。
posted by 映画のせかいマスター at 08:22| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: