2018年02月05日

ゲド戦記 #2538

2006年 日本 115分 スタジオジブリ

 アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』の主に第3巻の「さいはての島へ」を原作とし、宮崎駿の絵物語『シュナの旅』を原案とした長編アニメーション映画。宮崎吾朗初監督作品で、興業的にはコケたみたいだけど面白かった。映画監督の親子継承って、素敵だと思うが、受け入れられなかったんだろうか??

 確かに冒頭でいきなり国王の親を殺し、その後その話には全く触れられなかったり、てるーが実は○で、最後に正体を表したり、ぶっ飛んでるところもあったのだが、それはアニメのいいところだと想ったが・・。

またTV放送されたら見たい作品
posted by 映画のせかいマスター at 07:33| Comment(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: