2018年07月16日

ファインディング・ドリー #2569

2016年 アメリカ 97分 ピクサー映画

 ファインディングモからはや15年。子供も育ってしばらく子供映画からも離れていたけど、長男が生まれてまた戻ってきた。ら、かつての名作の続編が次々に出てて、正直すげーなーと思う。ディズニーとかヒーロー、ヒロインをずっと生み出し続けているわけで、ある意味世界をひっぱている企業だと思う。生み出された数々のキャラを生きがいに辛い経験をしのいできた子どもたちもきっと多いはず。

 ニモも名作だったが故、続編は難しかったと思うが、なんと主人公をドリーに代えて堂々の続編。生き別れた両親を探すんだけど、両親は水族館にいて、どうやってそこに戻るのかっていう普通に(人間目線で)考えたら難しい問題を、キャラクターの強さで解決しているところが爆笑。特にタコのハンクとかよく考えられてる。

 しばらく診てないうちに作られた作品もチェックしないと
posted by 映画のせかいマスター at 09:57| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: