2018年09月04日

ラストチャンス再生請負人(連続ドラマ2018)#2590

2018年 テレビ東京 全8回

ドラマBizというビジネスシーンに特化したドラマ枠のようで、1作目は見てないけど今回のは江上剛原作ということもあって見たのだが、1回目から激アツで面白かった。次も期待したかったがハラスメントのドラマみたいで残念。こういう企業再生とかの話はいいと思った。銀行の合併で退職した仲村トオルが入社した1部上場会社のデリシャスフーズは、実は前社長が裏で130億もの負債を抱えた会社だった。それを知った社長の本田博太郎はとっとと逃げ出し、社長になる羽目に。十和子フーズと業務提携したり、一軒一軒再建に向かわせようと地道な努力をするが、それ以上に訪れるピンチの連続。最終回の前半まで解決できずについに橋の上でボーッとしてしまうとこまで追い詰められてく。

 前にいた銀行の部下(こいつらがアホ丸出しのキャラ!悪意ある(笑))に融資を引き上げられそうになったり、強面の債務者から何度も詰め寄られたり、ホワイトナイトのはずが買収されそうになったり、一体誰を信じていいやら。。。結局は前社長も戻って一件落着するのだが、普通なら買い叩かれて終わり!だな。

 いやー月曜から感動して一週間頑張ろうと思えた!



posted by 映画のせかいマスター at 07:54| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: