2018年12月20日

男はつらいよ 奮闘篇(男はつらいよ7)#2626

1971年 日本 92分 二回目鑑賞

http://eiganosekai.seesaa.net/article/6807004.html

7作目。とらやに寅次郎の母親ミヤコ蝶々がやってくる。でっかい車に乗って帝国ホテルに泊まってるとか大きなこと言っているが、おいちゃんはすぐに見栄を張っているとわかってる。さくらにあっても寅の嫁と勘違いするくらいなんで、ほとんど親戚関係ないままってのがわかるし、複雑な親子関係がすぐにわかる。ミヤコ蝶々すげーぴったりの役なんだけど、たしかにこういう人、多くいたように思う。今も年配者にたまに見かける。このあと、寅とも対面するけどうまくいくはずがなく物別れ。このあともあまり出てくる機会はないが、おいちゃんたちとの温かい人間関係の裏で自身の母親とはいうまくいかないっていうもの悲しさ。

ヒロインは榊原るみ。知的障害者の役だ。寅もちょっと足りないし足りないの同士がくっついたらダメだとおいちゃんに言わせてるように、今だとクレームが付きそうな話だ。でも実際現実的な問題なので、ちゃんと正面から向き合ってて良いんじゃないかと思うけど。寅さんは少女が自分の子供のように気になって、ある意味いいカップルだと思うのだけれど、なかなかうまくいかないもので、熱血教師の田中邦衛に青森に引き戻されてしまう。

ラストは珍しくさくらが青森に寅を追いかけて、バスの中での再会。弱気な手紙を書いた寅が自殺してるんじゃないかという前振りのあと、バスの窓から見えるなにやら水難事故っぽい風景、からの〜バス停でおばあちゃんたちと盛り上がってる寅さん登場!は笑えた。

初代マドンナ光本幸子、しっかり子供を連れての再登場。過去の登場人物もうまく使ってます。
posted by 映画のせかいマスター at 15:46| Comment(0) | 男はつらいよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: