2019年01月17日

三度目の殺人 #2644

2017年 日本 124分

 是枝裕和監督の法廷サスペンス。主演の福山雅治、広瀬すずなどおなじみ是枝ファミリーに役所広司、斉藤由貴の演技派が出てくるんで重厚な物語を期待せずにはいられない。が、話はいまいちよくわからないまま終わる。30年前に殺人で捕まった男(役所)が、工場の社長を殺した容疑で逮捕され、自白もしていたが、奥さん(斉藤由貴)に依頼されたと週刊誌に告白し、殺された社長にレイプされていた娘広瀬すずがでてくると一転容疑を否認する。

 真実よりも勝ち負けにこだわっていた弁護士の福山雅治は何かに動かされ無罪を主張しようとするが時すでに・・・。

十字架の謎や、タイトルの三度目が何を示しているのか、いろいろと謎を残して終わる。答えは見てる人の中にある・・のかな??

posted by 映画のせかいマスター at 10:55| Comment(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: