2019年06月24日

集団左遷(連続ドラマ2019)#2674

2019年 TBS系 全10回

日曜劇場枠。池井戸作品と比較されて、あまり評判は良くなかったみたいだけど、自分的には面白かった。福山雅治、前半と後半でちょっと変わった気もするが、爽やかでクールな支店長役が似合っていた。半沢直樹で敵役(今回で言えば三上博史)だった香川照之が福山の腹心の役で登場し、最初はなぞの人物だったんだけど、キーを握る役になっていった。あと、尾美としのり。端役かと思ったら最後に見せ場が!手帳を渡すシーンは感動的だった。

で、前半も後半も圧倒的な巨大な悪役として三上博史が顔芸含めて、暗躍した。一時は市村正親頭取まで巻き込んで、ネットでも話題だった。

原作は江波戸哲夫、読んではないけど、ドラマ化されるシリーズをまだ書いてほしいなー。後半の舞台が日本橋支店だったんで、この前日本橋行ったとき観光しにいっちゃった
posted by 映画のせかいマスター at 09:46| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: