2005年06月30日

独立愚連隊西へ #376

1960年 日本 107分

「独立愚連隊」の続編に当たるが、話の繋がりはない。キャストもかぶっている(ほぼ同じ)が、すべて別人の役である。でも死んだことになっているはぐれ者の軍隊という設定は同じで、舞台も同時期の中国、前作との類似点、違う点など比較して楽しめる。どちらから観てもいいけど、1→2の順がおすすめ。

今回の愚連隊は加山雄三率いる左文字隊。加山雄三はこれが映画デビューらしいのだが、新人らしいフレッシュさは全然なくってリーダーの貫禄十分。左文字隊の任務は軍旗を敵軍と奪い合うというもの。敵軍の兵隊が隊長に「お言葉ですが、そんなことをして(軍旗を奪って)なんの意味があるのでしょうか?」と言わせて隊長(中国人役がハマってるフランキー堺)が「士気を高めるのじゃー」と答えてるから、別にどうでもいいことだと、暗にこの映画では言っているわけである。

左文字隊とフランキー堺の軍隊は、威嚇しながらマラソンをして最後はお互いの労を認め合い、万全の時に再度戦おうと約束して別れたり、最後も日本軍に潜入していたスパイが左文字隊の肩を持ったり、とあまり緊張感の無い戦いをする。しかしその中でも敵軍を囲んで爆破、という戦術を今回もまた派手にやってるし、主役ばりの活躍をしてた神谷一等兵が爆死したり、戦地の中でも恋を育んでいた衛生兵と看護婦の悲しい結末など、戦争の無残さもしっかりと、そして明るさに包み込みながら描いている。

前作もそうだが、戦争映画でありながら、メッセージ色をテンポの良さと明るいキャラクターたちがかき消しつつも、しっかりと伝えるべきところは伝えている。こんな凄い映画が1960年に作られていたとは、圧巻だった。

posted by 映画のせかいマスター at 04:39| Comment(4) | TrackBack(1) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
TBありがとうございます。
この映画、めちゃめちゃ好きです。

あの主題歌が耳について離れません。
岡本喜八監督、バンザイ!
Posted by 邦画ブラボー at 2005年06月30日 10:01
どうも!あの♪いーりゃんさんすーってやつですよね。わかります(笑)しかも歌っても身の回りの誰もわかってくれないし(笑)

1作目と合わせて見ると面白さ倍増ですね。では〜!
Posted by 映画のせかいマスター at 2005年06月30日 15:03
大好きな映画です。暗記するくらい見てもまだ飽きません。落ち込むと見ます。男たちの粋で格好いいこと。カット割りも、平田昭彦が何度最前線に送っても一人も死なない連中がいるのセリフに返す中谷一郎の「左門寺小隊!」でカットが変わり愚連隊とフランキーのマラソンシーンになったり 山本廉が大江大尉の軍服を盗んできて左門寺少尉にわたし「星二つ取って着てください」とかセリフもアメリカ映画みたい。
Posted by onepukapuka at 2005年11月23日 19:12
onepukapukaさん、コメントありがとうございました。この映画が好きな方にコメントいただけて嬉しいです!
マラソンシーンは一体何事かと思いました(笑)が、あとで振り返ると非常にいいシーンですね。西部劇のような、しかもテンポの良い本当に名作だと思います!では!
Posted by 映画のせかいマスター at 2005年11月23日 20:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

加山雄三
Excerpt: 加山雄三の最新情報をチェック!ad1();         加山雄三...
Weblog: [TW] HOTWORDS
Tracked: 2005-07-20 08:25