2020年02月03日

何者 #2707

2016年 日本 97分 三浦大輔

朝井リョウの原作を三浦大輔が映画化。出てくるキャストが大物ばっかりなので、三浦監督っぽくない気もするけど、しっかり使いこなしてるというか、新たな一面を見た感じ。やっぱりこの人すごい。この人の映画はどれも響いてくる。

今回はインスタやツイッターがそのまま出てくる現代風の若者を描いてて、就職感動の大変さも身にしみる。銀のアンカーっていう就職漫画があったけど、就職ってこんなにドラマだったなんて。就職対策本部と名付けられた部屋に集まる5人の若者、大学院に進んだ先輩(山田孝之)自らの夢を追って劇団を続けるかつての親友。登場人物はほぼこれだけで、舞台とかでも行けそうな感じ。

なんと言っても5人のメンバーがああこういう若者いそう!と思えるリアルさがある。一番冷静でまともに見えた佐藤健が、最後に裏の顔を暴かれるんだけど、それもまたどんでん返しミステリーではなくて、なんか安心してホッとしてしまうところもあったりして。見た目二枚目、非の打ち所のなさそうなんだけど、有村架純に抱く恋心も叶わず、就職浪人しても内定がもらえず、裏垢でつぶやいたのをいいねしてもらうことくらいしか楽しみがない。

二階堂ふみの恋人で途中から出てくる岡田将生も、理想ばかり語って追っていくのだが、結局はまだ何者でもない。何もなし得ていない。何もしてないのにその過程ばかり熱く語ったところで、なにもないじゃんというその自分こそまだ何者でもないという。。。よくできた作品だと思う。
posted by 映画のせかいマスター at 08:05| Comment(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: