2020年02月20日

シャッフル #2711

2011年 日本 119分

 劇団スパイスガーデン第3回公演「シャッフル」を、企画・プロデュースの森谷雄と、原作・演出の及川拓郎ら自ら映画化したミステリー・サスペンス映画。映画化にあたりキャストは一新されたが、オリジナルのキャストも出演する。(Wikiより)

記憶をなくした主人公(金子ノブアキ)が招待された部屋で、バラバラに集まった人たちが巻き起こすコメディ?ミステリー?どんどん展開されてってテンポ良い。

まずは偶然集まった人たちではなく、冒頭の銀行襲撃事件の犯人たちだった、というのは多分バレバレだろうから、書いてもいいよね?
で、そこからはネタバレ無いと書けないのでこの下は要注意!

ネタバレあります


目が覚めたとき横にいた女、は実はメンバーの誰かがお目付け役にした女で、後半にも出てくる。それぞれが一面を知っている女(中村ゆり)が一癖あって、キーを握っている。最終的に彼女とつるんでいるのは誰だ??

Drヤマシタっていう謎の人物が出てくるが、登場人物は基本的に部屋の中のメンバーのみ。舞台でも楽しめそうなシナリオ。記憶が戻ったとき何が起こる??

って感じです。

後で気づいたんだけど、この映画2012年に見てた。http://eiganosekai.seesaa.net/article/297933002.html

書き出しまで同じやし(笑)
posted by 映画のせかいマスター at 08:33| Comment(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: