2020年06月16日

記憶(松本清張ドラマ1978)#2736

1978年 おんなシリーズ5話 TBS

原作は「たづたづし」でそのタイトルで何度か映像化されてる作品。殺されかけた女十朱幸代が記憶喪失になって現れることから今回は「記憶」というタイトル。ラストは作品によって違うが、今回は記憶が戻らないまま夫と復縁し、幸せに暮らしてるところを出張先で偶然見かけるっていう結末。

そもそも自分の都合で殺しといて、記憶がないと確認したら、また気持ちが高まって付き合い出すっていう、一粒で2度美味しい♪みたいなやりたい放題な男児玉清がに食らわされた結末としては物足りない??
十朱幸代は健気で可哀想なまま終わりましたw
posted by 映画のせかいマスター at 07:55| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: