2020年12月19日

恋する母たち(ドラマ2020)#2761

TBS系 全9回

柴門ふみの漫画のドラマ化。原作はWebで購入して1巻だけ読んだな。木村佳乃と小泉孝太郎の出会いの場面。ドラマ版ではせっかくの主人公のこの二人のキャラがいまいち際立ってなかった。ラスト2週は時間軸で言えば現在の2020年から2年後2022までを描いていて、コロナ禍で在宅ワークで鬱になったりマスクして外出したり、ドラマで見るのも新鮮ではあるけどちょっと余計。3者3様に幸せな結末ではあるけども、なんか手放しで楽しめない部分も。

吉田羊のとこは、完璧すぎてグーの音もでない。若いツバメ?もイチコロなるわな。旦那さんのおぎやはぎが一見可哀想だけど自ら道を切り開いていって一安心。仲里依紗と阿部サダヲもどこもツッコむところ無いようなナイスカップル。子どもたちも一癖ありそうに見えて結局はすくすく成長するし、あーやっぱり欲を言えば木村佳乃はもっと幸せでいて欲しかった〜。

恋する母、もう家庭ではとどまらない、女達、アラフォーアラフィフの女優さんもまだまだ活躍の場がありそう
posted by 映画のせかいマスター at 08:36| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: